仏教 宗派

最澄と空海|2人が日本に広めた仏教は呪術を使う密教?

あなたは最澄と空海があやしい呪術を使うって知っていましたか?

 

『知らない。2人は仏教のエリートじゃないの?』

『陰陽師の術みたいなやつ?』

 

日本仏教の2大エリートといえは、間違いなく最澄と空海です。この2人が中国に留学して、日本仏教の基礎を作り上げました。当時は、国を統一するための施策という位置づけも大きかったです。

しかし、この2大エリートが作った宗派からは、何やら怪しい噂も聞こえてきます。

 

密教です。

 

あやしい呪文?真言(マントラ)?秘密の呪法?

密教というとこのようなイメージがあるかとおもいます。日本仏教は本当に密教から始まったのでしょうか?今回は、最澄と空海が開宗した天台宗と真言宗について解説していきます。

日本最初の仏教は法相宗

日本に天台宗と真言宗が開宗されたのは、平安時代の800年ごろのことです。実は、仏教の伝来はそれよりも300年ほど前になります。

古墳時代のころに、仏像と経典が日本に持ち帰られたとされています。その後、聖徳太子が仏教を政治的に利用するようになり、日本中に広まっていきました。

 

日本では初めての仏教宗派は法相宗です。662年、道昭によって開宗されました。

 

この頃の仏教というのは、経典の研究が中心でした。寺ごとの宗派もなく1つの寺に複数の経典があり、一緒に研究をしていたのです。

最澄の天台宗と空海の真言宗が日本仏教の礎

794年、都が奈良から京都へ移されました。経典の研究は奈良が中心でしたが、これに伴って仏教界にも新たな風が吹き始めます。

 

キッカケは、遣唐使として最澄と空海が留学したことでした。

 

2人は中国で栄えていた天台宗と真言宗を、日本に持ち帰ってきて開宗するのです。

 

  • 最澄:天台宗|比叡山延暦寺
  • 空海:真言宗|高野山金剛峰寺

 

後に鎌倉新仏教と呼ばれる臨済宗、曹洞宗、浄土宗、浄土真宗の開祖は、みな比叡山延暦寺で修行をするのでした。これが現在も日本にある13の仏教宗派となります。

 

日本仏教の宗派はコチラ▼

 

あやしい真言(マントラ)を使う?

天台宗と真言宗はともに密教でした。

天台宗の教え

天台宗の教えは以下の4つです。

 

  • 密教:秘密教の教え
  • 円教:法華経の教え
  • 禅:禅宗の教え
  • 戒律:仏教で守ること

 

密教もありますが、その他の教えもバランスよく配合されております。鎌倉仏教の偉人たちを輩出したのにも、ある意味納得です。

真言宗の教え

続いて真言宗の教えは以下の通りです。

 

  • 密教

 

・・・天台宗と比較しての偏り具合がすごいですね。

真言宗では、密教の呪法を駆使することで、魔訶不思議な仏のご利益を得ようとするのです。

即身成仏という教えもあり、大宇宙の真理を現した大日如来と一心同体になることで、生きたまま仏になることができるとしました。

即身成仏するための修行は以下の3つです。

 

  • 体密
  • 口密
  • 意密

 

大日如来を本尊として、真言(マントラ)という呪文を唱えます。真言、即身成仏、大宇宙・・・なにやら急に日本人がイメージする宗教的要素がたくさん出てきましたね。

 

さらに、煩悩はあってもOKとしました。

 

空海は『煩悩は消し去ることはできない。だが、うまくコントロールすれば悟りを開ける。』と教えたのです。

この神秘的な密教と煩悩があっていいというお手軽さは、貴族たちに大ブームを起こしてしまいました。

これをきっかけに、密教って儲かるんじゃね?という風潮になり、平安仏教はあやしい呪術にのめりこんでいきます・・・

 

しかし、そんなのは本当の仏教ではない!

 

といって、頭角を現したのが法然、栄西、親鸞、道元です。ここから、鎌倉新仏教という時代が始まるのでした。

まとめ

以上、最澄と空海|2人が日本に広めた仏教は呪術を使う密教?についての解説でした!

最澄は天台宗、空海は真言宗を開宗しましたが、当時の貴族に求められたのは密教でした。お金持ちの貴族が密教をやってくれというのです。仕方のない流れといえば流れでした。

後に旗揚げをする鎌倉仏教の卵たちは、天台宗の比叡山で修行を積みます。皮肉にも堕落しきった比叡山に嫌気をさし、本当の仏教を追い求めるのでした。それが、鎌倉仏教へとつながっていきます。

 

今の仏教の始まりは鎌倉仏教?日本の仏教史はコチラ▼

-仏教, 宗派

Copyright© ゴドブダ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.