仏教における六道輪廻と十界とは?|解脱しなければ転生し続ける

あなたは仏教における生死観をご存知ですか?

 

『死んだら仏になるのでは?』

『次の生命に生まれ変わる?』

 

死んだら仏、素晴らしいですね。今度、この考えがどこから来たものなのか調べてみます。なぜなら私の知る限り、仏教における人の死後は99%地獄行きです。

地獄はとても厳しい世界です。しかし、そこでの刑期が終われば次の転生が待っています。

 

仏教の生死観は輪廻転生です。

 

死んだあとは裁判にかけられ、次の生を受けて生まれ変わるのです。それをひたすら繰り返します。

生まれ変わりの先は六道十界です。そして、その輪廻転生から抜け出すことを解脱といって、悟りを開いた者のみが辿り着ける世界とされています。

今回は、仏教における六道輪廻と十界について解説していきます。

 

輪廻転生とは?

輪廻転生は、死んだ後も別の生をうけ、また新しく生き、それを繰り返すことをいいます。仏教の考え方ですが、釈迦は死後の世界については語りませんでした。

全てのモノに実態はなく区別もないとする釈迦の悟りから考えると、永遠に転生を繰り返す魂の存在を認めることもできなかったのでしょう。

 

何も実態はないという『空』の理論を説明してるお経があります▼

 

輪廻する世界から離れることを解脱といいます。解脱先を悟りの世界、極楽浄土、仏界などと呼び、仏教の修行はそこを目指すことです。

次の転生先が決まるまで

人が死んでから次の転生先が決まるまでには、49日間かかります。

 

ピンとくる方もいると思いますが、四十九日のことです。

 

死んでから7日おきに、7回の裁判を受け審判が下されます。この世に残された人は、死んだ人に良い判決が下るように法要を開催するのです。

 

裁判開催から判決までの流れはコチラ▼

 

六道と十界

転生先は全部で10個あるとされています。諸説ありますが、大体は同じなので解説していきましょう。

 

解脱すると行けるのが仏界です。

  • 仏界

 

以下は三界です。

  • 無色界
  • 色界
  • 欲界

 

修行の三界ということもあります。その場合、菩薩、縁覚、声聞の3つの世界です。

 

以下は六道です。

  • 地獄道
  • 餓鬼道
  • 畜生道
  • 修羅道
  • 人道
  • 天道

 

無色界、色界、欲界の3つは天道の中にあるという説もあります。

 

仏界

仏界は悟りの世界です。極楽浄土といっていいでしょう。輪廻する世界から離脱して、永遠の安らぎを手にすることができます。

 

極楽浄土は複数ある?浄土についてはコチラ▼

 

三界

無色界

無色界は肉体のない世界です。精神だけがあります。欲も物質も脱した時に転生できます。

色界

色界には物質はありますが、欲はありません。

欲界

物質も欲もある世界です。人間はここに住んでいるとされています。

六道

欲界の中には、6つの転生先があります。

地獄道

三悪道(地獄道、餓鬼道、畜生道)の1つで、罪を犯した者が責めを受ける世界です。生前に犯した罪の重さによって、落ちる深さが異なります。残念なことに99%の人間が、地獄に落ちます。

 

地獄の種類と責めについてはコチラ▼

 

餓鬼道

己の欲ばかりを求め、他人を顧みなかった人が転生する世界です。

無財餓鬼

いつもお腹を空かせていますが、食べようとした瞬間、食べ物が燃えてしまうので、食べることはできません。

多財餓鬼

好きなだけ飲み食いできますが、満足感を得ることができず苦しみます。

小財餓鬼

少しだけ食べることだ許されていますが、糞尿など不浄なものしか食べられません。

畜生道

人間以外の動物の世界です。他人に感謝せず、恥知らずな人が転生する世界です。智慧はなく、食欲・性欲・睡眠欲だけの世界です。

修羅道

憎しみにとらわれ、争いばかりしていた人が転生する世界です。感情にとらわれ続け、戦いばかりしていくことになります。

人道

人間の世界です。東西南北の4つに分かれており、体の大きさや寿命の違う人間が生きています。私たちの人間界は南にあり、四苦八苦(老病死)などの苦しみを伴います。

しかし、仏の教えを学ぶことができるので、解脱のチャンスがあります。

 

日本仏教を学ぶには以下13宗派があります▼

 

天道

神々が住む世界です。天道の住人は神通力を使えるので、楽しみ、喜びに満ちています。寿命は約900万年です。しかし、死はあるので苦しみもある世界です。

まとめ

以上、仏教における六道輪廻と十界とは?|解脱しなければ転生し続けるについての解説でした!

輪廻転生は色々な世界を死んだり生きたりしながら、グルグル回ることをいいます。そこから脱出して悟りを開くことが解脱です。仏教では、解脱(悟り)を目指して修行をするわけですね。

 

転生先が決まるまでには10回の裁判をうけるという説もあります▼

仏教 輪廻転生

閻魔大王と地蔵菩薩の関係|六道輪廻における地獄の責めと救済

2019/8/17  

あなたは閻魔大王と地蔵菩薩をご存知ですか?   『閻魔は地獄行きを決める人でしょ?』 『地蔵はよく道端にあるよね』   閻魔大王は、死後の転生先を決める裁判官の1人です。人が死んだ ...

仏教 輪廻転生

地獄の種類は全部で135個|八熱(八大)地獄と八寒地獄を解説

2019/8/18  

あなたは仏教における地獄というものをご存知ですか?   『地獄に落ちるとは聞くけどよくわからない』 『天国の反対だから地下にあるんじゃない?』   日本人というのは本当に不思議なも ...

仏教 輪廻転生

三途の川の渡り方|奪衣婆に着物を剥ぎ取られ、賽の河原では石積みの刑

2019/8/18  

あなたは三途の川の渡り方をご存知ですか?   『確かお金を渡して船に乗る』 『三途の川なんてない』   色々なご意見があるかと思います。今回は、仏教における三途の川についての解説で ...

仏教 輪廻転生

六道輪廻|死んだ後の裁判は7回じゃなく10回?地獄の十王による裁き

2019/8/18  

あなたは死んだ後にどれだけ裁かれるかご存知ですか?   『閻魔大王の裁きだけじゃないの?』 『そんなの全く分からない』   嘘をついたら舌を抜かれることで有名な閻魔大王様。実は5回 ...

仏教 輪廻転生

六道輪廻|仏教における死後は49日までに閻魔を含む7回も裁判を受ける

2019/8/18  

人は死んだあとどうなるのでしょう?   『天国か地獄に行く』 『魂が別の命として蘇る』   様々な回答があり、これは宗教観によるところが大きいです。日本では神と仏が融合していますが ...

Copyright© ゴドブダ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.