お墓 終活

改葬とは?|お墓の引っ越しの手順と流れ完全ガイド

荷物を載せて運ぶトラック

お寺の檀家になっていると、菩提寺に支払う管理費やお布施が発生します。この負担を子供に追わせたくないという理由から、お墓の引っ越しを考える人が増えてきました。

また、核家族化や少子化によって、お墓を継承して欲しくても跡継ぎがいないパターンもあります。このような社会的背景から、継承者が不要の永代供養墓の認知度が上がってきています。

いずれにせよ、今あるお墓からの引っ越し『改葬』という手続きが必要となります。今回は、改葬の手順と流れについて詳しく解説していきます!

改葬とは?お墓の引っ越し件数が増加中

改葬は法律にしっかりと明記されており、菩提寺や霊園とのトラブルさえなければスムーズに行うことが可能です。

この法律で「改葬」とは、埋葬した死体を他の墳墓に移し、又は埋蔵し、若しくは収蔵した焼骨を、他の墳墓又は納骨堂に移すことをいう。

引用:厚生労働省の墓埋法第2条3

 

改葬の手順のうち、既存の墓を更地にするステップを『墓じまい』といいます▼

 

改葬の件数は年々増えており、平成12年頃から7万件弱で推移していましたが、平成28年には約9.7万件まで増加しています。

参考資料:衛生行政報告例

 

改葬が増える理由はコチラ▼

 

主な改葬のパターンは2つある

改葬のパターンは、大きく分けて2つあります。

 

  • 墓石+遺骨の引っ越し
  • 遺骨のみの引っ越し

 

墓石+遺骨の引っ越しは、墓石の状態と、新しいお墓の広さをチェックする必要があります。墓石が傷んでいれば運搬中に破損するリスクがありますし、大きすぎると改葬先の墓地に設置できない場合もあります。

遺骨だけの引っ越しでも、遺骨が何人分あるのか、土葬ではないかを確認しておきましょう。通常、お墓の販売価格は1人分です。先祖の遺骨が5人分あれば、5倍の料金がかかります。

また、土葬の場合は取り出した遺骨を綺麗にして、火葬してからでなければ納骨できません。

 

この他にも『分骨』といって遺骨を2ヵ所に分けるパターン、散骨するパターン、樹木葬にするパターンなどがあります。

 

供養スタイルの多様化により、散骨に興味を持つ方も増えています▼

 

改葬の手順と流れ

それでは、改葬の手順と流れを解説していきます。

  1. 家族・親族・菩提寺・霊園などに相談する
  2. 改葬のパターンを決める
  3. 新しい墓の管理者から『受入証明書』を発行してもらう
  4. 現在のお墓の管理者に『改葬許可申請書(埋蔵証明書)』を書いてもらう
  5. 現在のお墓がある自治体に4、5を提出して『改葬許可証』を発行してもらう
  6. 閉眼・開眼供養を行う
  7. 新しいお墓の管理者に『改葬許可証』を提出する

【現在の墓地】家族・親族・墓の管理者に相談

改葬で一番重要となるのはこのステップです。家族や親族、現在の墓の管理者に誠意をもって相談しましょう。

【新しい墓地】受入証明書の発行

新しく購入したお墓の管理者から『受入許可証』を発行してもらいます。

【現在の墓地】埋蔵証明書(改葬許可申請書)の作成

現在のお墓がある自治体から『改葬許可申請書(埋蔵証明書)』をもらい、お墓の管理者に署名・捺印をしてもらいます。

【自治体】改葬許可証の発行

完成した改葬許可申請書を自治体に提出して、『改葬許可証』を発行してもらいます。

【現在⇒新しい墓地】閉眼・開眼供養

遺骨を取り出す時に閉眼供養、新しいお墓に納骨する時に開眼供養を行います。

【新しい墓地】改葬許可証の提出

新しいお墓の管理者に、改葬許可証を提出したら完了です。

 

改葬許可申請書を見ていただくとわかりますが、遺骨の人数分の作成が必要となります。

 

参考までに、東京都豊島区の改葬許可申請書のページを掲載しておきます。今はネットでダウンロードできる場合が多いです。⇒豊島区HP

 

改葬にかかる費用は様々

改葬にはそれなりの費用が発生しますが、現在のところ明確な相場というモノはありません。参考までに、発生する費用を紹介します。

 

  • 新しいお墓の購入費用
  • 今あるお墓の解体費用
  • 離団料
  • 申請手数料
  • 運搬費
  • 閉眼・開眼供養のお布施

 

新しいお墓が永代供養墓なら50~100万円、家墓なら150~200万円くらいになります。墓石ごと引っ越すなら新しい墓石を購入する必要はありませんが、運搬費用は発生してきます。

既存の墓を撤去するには、1平方メートルあたり10~20万円くらいの費用が必要です。お墓の管理者によっては、離団料を求められることも。

遠方の寺の檀家となっており、亡くなった両親の遺骨や先祖の位牌がある。高齢で、遠くまで墓参りに行けないので、遺骨等を家の近くの合同納骨堂に移したい。寺に問い合わせると「250万円支払うように」と言われた。支払うべきなのか。(70歳代 女性)

引用:国民消費者センター

このようなトラブルを避けるためにも、誠意を持った話し合いが重要となります。

改葬許可証の発行は、事務手数料として数百円~1,000円程度を想定しておきましょう。

閉眼供養、開眼供養のお布施は、数万円~20万円くらいとピンキリです。やはり、明確な料金設定のないお布施には注意が必要ですね。

自治体が運営する霊園では、改葬費用の一部を助成していることもあります。無縁となり管理されなくなった墓地の処分費用は、自治体が負担するためです。

それなら少しでもお金を出して管理者に改葬してもらったほうが、自治体としても出費が少ないというメリットがあります。公営墓地なら、管理する自治体の制度も確認しておきましょう。

 

墓石の種類と費用についてはコチラ▼

合わせて読みたい

準備中

 

困ったときは、改葬を専門に請け負う代行業者を利用する

改葬は一生に一度あるかないかのイベントです。全て自分で手配することも可能ですが、専門の代行業者に任せるもの一つの手です。

何といっても、経験が違いますからね。以下、改葬(墓じまい)を専門に取り扱う業者です。

 

「いいお墓」はお墓のポータルサイト。一度の入力だけで、複数社に一括で資料請求が可能!希望・エリアに合わせて、業者を紹介してもらえます。

コールセンターに寄せられる、お墓に関する相談は年間5万件以上!わからないこと、不安なこと、困ったことなど、気軽に相談することができます。

日本全国の各エリアで、墓じまい可能な業者と提携しています。また、「いいお墓」は墓じまいだけでなく、「新しくお墓を建てたい」、「ご先祖様のご遺骨の埋葬先を探したい」、といったお墓探しのサポートも全国対応しています!

 

お墓のミキワの墓じまいサービスは、お墓の解体・処分から行政手続き代行まで、わかりやすい価格でワンセットになっています。

墓じまいに必要な閉眼供養(魂抜き)の僧侶手配から、海洋散骨や永代供養(合祀墓)の手配も任せることが可能。相談・見積りは全て無料です!

 

-お墓, 終活

Copyright© ゴドブダ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.