仏教 輪廻転生

六道輪廻|仏教における死後は49日までに閻魔を含む7回も裁判を受ける

人は死んだあとどうなるのでしょう?

 

『天国か地獄に行く』

『魂が別の命として蘇る』

 

様々な回答があり、これは宗教観によるところが大きいです。日本では神と仏が融合していますが、死に関しては仏教の影響が強いです。日本の仏教は葬式仏教とも呼ばれます。

 

そんな仏教の考えでは、人が死んだあとはどうなるのでしょうか?

 

初七日、四十九日などは聞き覚えのある言葉ですが、実際の意味を知っている方は少ないです。そこで、日本仏教における死後の世界について解説していきます。

人は死んだら冥途の旅をする

日本では、亡くなった方に旅ができる服を着せます。この旅装束は、これから始まる長い旅の支度です。人が死んでから来世の行き先が決まるまでには、49日もの時間がかかります。

途中で身ぐるみを剥がされるのですが・・・三途の川を渡り切るまでは、しっかりと旅の準備をしておきたいところです。

冥途の旅の始まりは山道です。なんと、この山道だけで7日間も歩き続けます。しかも、死んでるのにお腹が減るというのだから大変です。

 

この時、死者の食料になるのが『香』です。

 

これが、初七日まで線香を絶やしてはいけないといわれる理由です。現在は簡略化されて、お通夜の日だけ寝ずの番をするようになっています。現実問題、仕事をしながら7日間ぶっとうしで線香をあげるのは不可能ですからね。

行き先が決まるまでに7回も裁判にかけられる

7日間ものあいだ山道を歩き続けると、冥途の王丁に到着します。これから生前の罪について7回の裁判を受けることになります。王丁では第一回目の裁判が始まります。

 

最初の裁判官は秦広王です。

 

初七日の法事は、この1回目の裁判に合わせています。判決が出ると、三途の川を渡ります。三途の川の渡り方は、以下の3つです。

 

  1. 橋を渡る
  2. 浅瀬を歩く
  3. 濁流を泳ぐ

 

もちろん、判決によって罪が軽ければ橋を渡れますし、重ければ濁流です。

 

諸説ありますが、船賃として6文かかるので棺には6文銭をいれる習慣があります。

 

川を渡り終えると、服を剥ぎ取られます。ここからは連続して裁判にかけられるのです。

 

三途の川の詳細についてはコチラ▼

 

  • 第二法廷:生前の殺生についての裁き
  • 第三法廷:生前の性愛についての裁き
  • 第四法廷:生前の嘘についての裁き

 

続く第五法廷で、とうとうあの方が出てきます。

 

そう、閻魔大王です。

 

閻魔大王は『浄玻璃』という鏡を使って、生前の悪行を映し出します。ここで嘘をつくと、舌を抜かれます。

 

閻魔大王と地蔵菩薩の意外な関係はコチラ▼

 

続いて第六法廷で、もう一度生前の悪行について裁かれます。

 

そして最後の第七法廷で、泰山王が来世の行き先が決定するのです。

 

この日が49日目なので、四十九日法要が重要とされます。

死後の行き先は6つある

第七法廷で決まる来世の行き先は6つあります。

 

  1. 天道:神様が住む世界
  2. 人道:人の住む世界
  3. 修羅道:戦いだらけの世界
  4. 畜生道:人間以外の生き物の世界
  5. 餓鬼道:飢えと渇きに苦しむ世界
  6. 地獄道:ヤバい世界

 

これを六道輪廻といいます。

 

六道輪廻と十界についてはコチラ▼

 

史上最強の苦しみ|地獄だけは行きたくない

六道の輪廻のうち3番以降はツラそうですが、地獄のツラさはケタ外れです。あなたは地獄に落ちるほど、悪いことはしていないと安心してますか?

 

残念ながら、私たちの99%は地獄行きです。

 

地獄は全部で136個もあり、地獄の行き先は閻魔大王が決定します。有名な地獄に『八熱地獄』があります。

この地獄はビルのような構造をしており、上層階ほどラクです。ラクといっても下層と比較しての話ですが。

 

生き物を殺した人が落ちるのが、八熱地獄の最上階(8階)にある等活地獄です。

 

ここでは鬼の金棒で殴られたり、刀で切られたりして殺されます。しかし、すぐに生き返ってまた殺されます。これを1兆年以上ひたすら繰り返すのです。一番軽い地獄でさえ、想像しがたい苦痛が待っています。

さらに盗みをすれば7階の地獄へ、さらに性愛をしていれば6階へ、さらに飲酒をすれば5階へ、さらに嘘をつけば4階へ、さらに仏教を否定すれば3階へと下層の地獄に落ちます。

 

学生時代に悪ぶって、虫を殺し、万引きして、浮気をする。さらに酒を飲み嘘をついただけで、相当キツイ地獄に落とされてしまうのです。

 

地獄の種類と責めについてはコチラ▼

 

まとめ

以上、仏教における死後の世界|49日までに閻魔を含む7回も裁判を受けるについての解説でした!

人は死んだ後、49日すぎるまでは大変なことがわかりました。さらに地獄の恐ろしさも・・・この事実を知ってしまうと、地獄にだけは落ちたくないですね。

しかし、地獄の苦痛から救ってくれるありがたい仏様がいるのです。

 

それは地蔵菩薩!お地蔵さんです。

 

なんだか怖い印象のあるお地蔵さんですが、地獄では最強の助っ人になるのでした。

他にも、地獄に落ちないようにしてくれる仏様はたくさんいます。これで、あなたも地獄の苦しみにから逃れられるかもしれません。

 

裁判の回数は10回?輪廻転生後も裁かれるかも▼

-仏教, 輪廻転生

Copyright© ゴドブダ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.